御柱祭
7年に一度の「御柱祭」!
木遣りの先導で、男木と女木の2本の御神木を、勇壮な「山曳き」・
豪快な「里曳き」をしながら、神社に奉納するお祭りです。

平成16年4月11日(日)、千代野池で開催されました。

快晴の御柱日和に恵まれたこの日、
今回初めて「里曳き」では、女性や子供の参加が認められました。
もちろん私は、(有)ブラボーゥの仲間たち(女性5人と男性6人)と
地元の男衆と、山曳きから奉納まで全行程・7時間の御柱に奮闘!
子供のころからの念願が叶いました。

千代小学校の校長先生は、見ているだけじゃもったいないと、
スーツに革靴で参加!
カリフォルニア出身、六本木ヒルズで働くビジネスマンのロニーは、
日本に来て一番エキサイティングな体験と真っ赤に日焼けし、
ブラボーゥの女性陣は、お神酒をあおりながらの力走。

総勢3000人の故郷の皆さんととともに、ご飯とお神酒を分かち合い、
威勢のいい木遣りの掛け声に後押しされて、肌と肌とを押し合い・圧し合い、
足の親指の爪がNGになったことも、肋骨にひびが入ったのも気がつかない
ほど、興奮状態の私でした。
御柱は、「超〜気持ちいい」 プラス 「最高に楽しーぃ!」お祭りです。
せきぐち。
 
パーソナルプロデュースTMコーチ パーソナルプロデュースTMワークショップ プロフィール リンク TOP
Copyright©2005 Kyoko Sekiguchi All Rights Reserved