Coach
< コーチング >
コーチというと、野球やサッカーなどのコーチを思い浮かべ、
自分の高い技能やノウハウを後進に伝授し、時には厳しく指導することで、
プレーヤーを伸ばすというイメージを持っています。

これまでビジネス界においても、管理職の人材育成の手法は、
プレーヤーとして有能だった人が管理職になれば、
的確な指示・命令ができ、部下も同様に成功できるという考え方でした。

ところが、指導者がどんな相手にも自分のやり方を押し付けて
トレーニングしてきたチームや組織では、いざ試合となった時、「選手たち」は、
コーチの的確な指示がないと判断に迷い、
自分で考えて動くことができない事態を招くのです。
また、チームのコーチである管理職が持っている「答え」が、その部下にとって、
その状況において、正解である保証はありません。

 そこで、一方的に相手に教え込むのではなく、
個々の選手がより自主的に創造性を発揮し、行動を起せるように、
選手や部下の中に眠っている「答え」を引き出す方法として、
コーチングが注目されてきました。

 コーチングとは、会話を重ねることを通じて、相手の優れた能力を引き出しながら、
前進をサポートし、自発的に行動することを促すコミュニケーションスキルです。

 私たちは、信頼する誰かに話をする、ということが、
不安を軽くしていくうえで非常に効果的だということを知っています。
人に話を聴いてもらい、受け入れられたときに、
私たちの中には「安心感」が生まれます。
他者から助言や指示、また命令を与えられるよりも、
自分の内側から自発的な思いが沸き起こってきたときのほうが行動を起こせるものです。
さらにその人に見守られていると目標達成までの行動に勇気がもてます。

「自分が置かれている現状を自分で認識し、不安を軽減し、自分が本来持っている力を発揮して、目標達成をする」
このプロセスを対等な立場で、信頼が持てる環境と必要な知恵やスキル・ツールを提供し、
継続的にサポートするのが「コーチ」です。

 このコーチのコミュニケーションスキルは、マネジメント、教育、医療の分野でも取り入れられています。
>>お問い合わせはこちら……info@kyoko-s.com
パーソナルプロデュースTMコーチ パーソナルプロデュースTMワークショップ プロフィール リンク TOP
Copyright©2005 Kyoko Sekiguchi All Rights Reserved